✅ 車を運転中でも勉強ができます! Amazonオーディブルで「ながら読書」を体験しよう

貯金が「できない」→「できる」|かんたんに変える3つのポイント

スポンサーリンク
投資
この記事は約6分で読めます。
ひよこ
  • お金が貯めようと思っても、ついつい使っちゃう
  • 貯金をしようと思っても三日坊主で終わってしまい、続いたことがない

こんなお悩みをもっていませんか?

実は、お金を貯めるのは、たいして難しいことではありません。

僕は1年前まで貯金がまったくできず、1ヶ月分の生活費もないほどに所持金がありませんでした。
でも、実際にこれからお話する方法を始めてからは、すでに150万以上貯金ができています。

この記事では、貯金がかんたんにできるようになるポイントを3つ、ご紹介していきます。

記事を読み終えると、今後貯金不足に悩むことは一切なくなり、むしろ余ったお金を何に使おうかと悩むようになります。

では、始めていきましょう。

貯金できない人必見!かんたんにできるようになる3つのポイント

先に、貯金がかんたんにできるようになる3つのポイントをまとめておくと、

  • 固定費をおさえる
  • 先取り貯金をする
  • 支払いはデビッドカードを使う

以下で具体的に解説していきますね。

固定費をおさえる

まず、最初は固定費をおさえましょう。

当然ですが、貯金とは「収入ー支出」のことです。
貯金ができない人は、この収入と支出がほぼ同じになっている状態です。

なので、支出をおさえることで簡単に貯金ができるようになります。

食費や交通費など毎月同じ料金とはいえないので、いざ支出をおさえるとなると管理が困難になります。

それに食費をおさえると、絶対的資産である自分の健康を害してしまうため、逆におさえないことをオススメします。

では、何をおさえればいいのか?
それが固定費です。

固定費とは、その名のごとく、固定の金額の支出のことです。
家賃やスマホなどの通信費、クレジットカードの年会費がそうですね。

これらを見直し、固定費を少なくすることができれば、かんたんに貯金ができるようになりますよ。

ストレスなく節約する3つのポイント

もちろん、ストレスなく節約するポイントもあります。

  1. 金額の大きいものからする(例:スマホを3大キャリアから格安SIMにする)
  2. 我慢がいらないものからする(例:使っていないクレジットカードを解約する)
  3. 効果が続くものからする(例:使っていない有料アプリを解約する)

金額が大きなものから始めると、効果テキメンですよ!

月9,000円ほど払っていたスマホ代を1,450円の格安SIMにするだけで、月7,550円の貯金ができるようになります。

70億円の資産を保有されている与沢翼さんも、固定費をおさえることが成功に繋がると述べられています。

資産を増やしたいなら、まずは固定費をおさえることから始めましょう。

先取り貯金をする

とはいえ、固定費をおさえ、1ヶ月につかえる資産が増えたとしても、他のことで使ってしまっては貯金なんてできないですよね。

でも、人間なのでそれも仕方ありません。

なぜならば、人はお金があればあるほど使ってしまう生き物から。

それは億万長者の人であっても変わりません。

なので、貯金をしたいなら先取り貯金をすることを意識しておきましょう。

先に収入から貯金の分の金額を減らしているので、使えるお金が減りますよね。
その減ったお金でその月を過ごすことになります。

貯金ができない人の多くは「今月残ったお金を貯金に回そう」と言って、結局残らず貯金ができていません。

しかし、先取り貯金を行うことで、もうその分の金額を使ったこととなり、貯金分を当てにせず過ごすことができます。

いきなり「今月から5万先取り貯金していくぞ!」とすると、給料日前にヒーヒー言わなくちゃいけなくなるります。

そのため、まずは1万円程度から始めていき、翌月お金が残ったなら、その分だけ翌月先取り貯金する金額に足していきましょう。

すると、貯金額が増えていき、目標の5万に近づくことになりますよ。

先取り貯金の口座はネット銀行がおすすめ。3つの理由もご紹介

あと、先取り貯金はネット銀行の口座にするのがオススメですよ。

理由は3つあります。

  • 金利が高い
  • 定額自動入金サービスがある
  • 手数料がかかりません

超低金利時代の今、金利が少しでも高い方がいいですし、ATMを使うなどでせっかくの金利分が手数料で飛んでいってしまうのももったいないですからね。

それに、定額自動入金サービスがあるので、1度設定をしておくと、いちいちATMへいって入れ替える手間もなくなります。これが非常に楽!

楽天銀行に口座を作る(無料)

支払いはデビットカードを使う

よく貯金をする際、「支払いをクレジットカードにした方がポイントがつくのでお得」と耳にします。それは間違いではないのですが、

  • クレジットカードは支払うまでは未来の自分に借金している
  • 明細をチェックしないと、何に使ったのかがわからなくなる

といった理由でクレジットカードを敬遠してしまう方も多いのではないでしょうか?

そういった方にはデビットカードがオススメです。

それに楽天銀行のデビットカードを使っていると、以下の効果がありますよ。

  • その場で支払うので、未来の自分に借金することはありません
  • 明細をいちいちチェックする必要もなくなります
  • ATMでお金を下ろす回数も減ります
  • 楽天銀行なら、楽天ポイントも得ることができます

楽天銀行なら、デビットカードで一石四鳥です!

すごいですね!
クレジットカードのいいとこ取りをしつつ、現金のようにお金が減るんですから。

管理が楽チンなので、まだ使われていない方は使ってみてくださいね。

楽天銀行のカードだと年間手数料が無料なので、オススメです。
楽天デビットカードを作る(無料)

最後に…

改めてまとめると、

  • 固定費をおさえる
    →大きなものから減らしていこう
  • 先取り貯金をする
    →ネット銀行の口座で貯金をしよう
  • 支払いはデビッドカードを使う

以上です。

この3つを行うことでかんたんに貯金ができるようになりますよ。

最初の固定費をおさえる手続きが面倒かもしれません。
でも、1度してしまうと、もう2度としなくてもよくなり、その上資産が自動的に増えていきます。

なので、もう1回きりだと思って、行動を起こしてみてくださいね。

未来のあなたから感謝されること間違いなしですよ。

楽天デビットカードを無料で作る

あわせて読みたい

≫ 【 お金の心配をなくす貯金の方法 】お金が簡単に貯まる黄金比率。
≫ ズボラが「貯金したい」なら〇〇しよう【2年半で貯金50倍になる方法】

↓よかったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

タイトルとURLをコピーしました