✅ 車を運転中でも勉強ができます! Amazonオーディブルで「ながら読書」を体験しよう

【朝活には読書】早起きした時の読書はメリットだらけ

スポンサーリンク
自己投資
この記事は約7分で読めます。
  • 早起きは身体にいいっていうけれど、本当かな?
  • 早起きしても何をしていいかわからない
  • 朝活って何をすれば一番いいの?

こんなあなたの疑問にお答えしていきます。

なおき
なおき

たしかにいざ、「朝起きる」ってなっても何もすることが決まっていないと、二度寝してしまいがちですし。

ぴよ太
ぴよ太

そうなんだよね。

朝起きても、何をしたらいいだっけ?と考えてると、すぐに寝ちゃう。

でも何かを始めたいと思ってるの。

 

 

僕はそんな人たちには、読書をおすすめしたいと思っています。

それは、僕自身、朝読書の習慣を身につけることで、人生が少しずつ変わってきつつあるからです。

まだ朝活をしていない方にも、少しずつでも人生が変えられることを知って欲しい。

そういう想いで、今回はお伝えしていきたいと思います。

【朝活には読書】早起きした時の読書はメリットだらけ

多くの成功者が、読書をしています。
そのため、ビジネスで成功するには、読書が不可欠だと言われています。

ホリエモンは気になる本が見つかると、会談をしている時でもスマホを取り出し、電子書籍を読み出してしまうそうです。

とはいえ、忙しい現代社会人には、なかなか読書を継続することは難しいですよね。

読書を習慣にするには、朝に15分読書をする「朝読書」が効果的と言われています。
僕も実際にしていますが、正直メリットだらけです。

今回は、朝読書のメリットと継続のコツをご紹介します。

朝読書のメリット

読書には、様々なメリットがあります。
その中でも、もっとも重要な効果を3つご紹介します。

高いストレス解消効果

イギリス サセックス大学の研究で、読書は高いストレス解消効果があることがわかりました。

さらに、音楽や散歩によるストレス解消よりも効果的だそうです。

心拍数などによるストレス解消効果の検証では、読書68%、音楽試聴61%、散歩42%、テレビゲーム21%といった結果が現れました。
読書を静かな場所で行うと、たった6分間でも60%以上の効果があるそうで、読書に没頭する集中力が筋肉の緊張をほぐし、リラックスさせ、心拍数を下げるんだとか。

忙しい朝はストレスの負荷が多くなります。
しかし、たったの6分間の読書で構いません。
ストレスを感じない程度に時間を確保し、落ち着いて読書に取り組んでみてください。

きっと1ランク上の世界を見ることができます。

大脳の活性化

朝は交感神経が優先され、脳が活性化する時間帯です。

また、本の世界に没頭することで、文章を映像に置き換えることができるため、脳がより活性化します。

MRIで脳の様子をスキャンした結果、本の中の景色や音、匂いなどを想像しただけで、大脳の各領域が活性化し、新しい神経回路が認められました。
つまり、読書により大脳が本の世界のことを実際に経験したような働きを示したということです。しかもその現象は、テレビやゲームでは起こらなかったそうです。

読書は心の旅とよく言いますが、大脳が仮想の世界を見ているというのであれば、実際に旅をしていると同じ体験をしていることになります。

たくさんの本を読んで、多くの世界に出会いましょう。

コミュニケーション力がアップ、仕事力も向上

本は人がイメージでしか伝えられないものしっかりと言語化しています。
僕を含めた言葉にうまく表せない人が表現方法を学ぶには打ってつけということですね。

表現方法が得て語彙力が身に付くと、会話も弾ませることができます。

また、仕事や日常会話で何か問題を感じた時に、読書を通じて知ったことが思いがけないところで助けになってくれるものです。

とはいえ、実用的な本を読もうとか物語を読もうとは思ってはいません。
自分が読みたいと思った本をまず手に取って読んでいきましょう。

朝読書を継続するためのコツ

ドイツの実験心理学者のエビングハウスの実験の結果にこんなものがあります。

記憶したものは以下の割合で忘れます。

  • 20分後 約42%
  • 1時間後 約56%
  • 9時間後 64%
  • 6日後 76%

つまり継続して読書をしたり勉強しなければ、1週間後には覚えたことの約8割も忘れてしまっているということです。
また、記憶の定着には1ヶ月かかるそうです。

継続して本を読み、覚えておきたいことはしっかりとメモを取る。
取ったメモは記憶が定着するまで1ヶ月の間、1週間おきに見返すようにする。

これだけでも、読書してインプットした内容をかなり覚えられるようになります。

しかし、継続するにはコツも必要です。

好きな本を読む

朝活の読書といえば、働いている方の多くはビジネス書など実用的な本のイメージが強いかもしれません。
しかし、実は読むものはなんでも良いのです。

読書にはリラックス効果があり、思考を柔軟にしてくれます。
そのため、好きな物を読みましょう。

もし、活字が読むのが苦手なら最初は漫画でもかまいません。
僕がおすすめするのは『マンガでもわかる〜』です。

非常にわかりやすく要点をまとめられていて、読むのが楽しいです。
『マンガでもわかる〜」で気になったところや、詳しく知りたい箇所があれば、オリジナルを読めばよいのです。

最初は読みたいと思った本を読んでいきましょう。

自分には合わないと思ったら、別の本を読む

たまに想像していた内容と異なる本ってありますよね。
最初の方は惹きつけられて非常に面白かったのに、中盤になるにつれ、実験結果ばかり並べ立てるような本だったり、展開がスムーズに進まない小説だったり。

読んでいてストレスを感じたら、思い切って読むのやめてしまいましょう。
せっかくストレス解消効果がある読書をしているのに、ストレスを感じてしまってはもとも子もありません。

自分に合わらなかった本を読むのはやめて、別の本へと移りましょう。

前の晩、しっかりと眠る

朝活で読書をする際、前の晩はしっかりと眠るようにしましょう。

記憶が定着する際、

側頭葉→海馬→側頭葉

という流れで長期記憶をしていくのですが、もし睡眠不足の場合、この記憶を保持するか判断する『海馬』が損傷してしまいます。
徹夜明けなどの睡眠不足の時の記憶は非常に曖昧になってしまうのは、そのためです。

また、7時間に満たない睡眠を10日間続けていると、24時間起きているのと同じ睡眠不足に陥ってしまうという研究結果も出ています。

せっかくインプットした情報を寝不足が理由で忘れてしまってはもったいないですよね。

朝活をするため睡眠を削るのは結構ですが、睡眠不足になってしまってはダメです。
もし朝活で読書をされるのであれば、寝る時間を早め、しっかりと眠ることをお勧めします。

まとめ

忙しい朝、朝活をされている方の中には朝の時間を確保できても、10〜15分という方もいるでしょう。

しかし、そのたったそれだけの時間を読書(勉強)に当てるだけで、人生は大きく変わるかもしれません。
僕自身も習慣、心理学、睡眠、朝活、文章術などあらゆる本を読んでいくことで、当然多くの知識を得ることができ、それを発信することで、同じように朝活を頑張る仲間にも出会えました。

ちょっとしたことで人生は少しずつ変わっていきます。

ここで大切なのが、読書した内容をしっかりとインプットし、その情報に対して「本当だろうか?」とか「どうすれば良いのかな?」と疑問を浮かべることです。そうすると、さらにその情報の深淵を知ることができますし、思考の仕方が変わってきます。

これを続けていくと、気づかないうちに、自分の意見を持てるようになることが読書の1番の魅力です。

朝の通勤時間でも、家事の合間でも、朝少し早起きして出勤までの余った時間でも構いません。
ちょっとした時間を読書に当ててみませんか?

あわせて読みたい

もし活字が読むのが苦手なら、耳読書もおすすめです。
Amazonオーディブルであれば、1冊無料で聞くことができますし、耳で繰り返しインプットすることにより、より本の内容を記憶しやすくなり、アウトプット量が増えます。

そうすると、ブログや仕事でもあなたのインプットしたことを生かすチャンスになります。

以下の記事で、オーディブルがなぜおすすめなのかをたっぷりご紹介しているので、興味がありましたらどうぞ。
≫ 時間がない人にAmazonオーディブルをオススメする3つの理由。

↓よかったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 自己啓発へ

タイトルとURLをコピーしました